日曜劇場アンチヒーローは原作がある?ドラマあらすじや脚本家は誰?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年4月期のTBS日曜劇場は、
長谷川博己さん主演の「アンチヒーロー」が放送されることが分かりましたね。

犯人である証拠が100%そろっていても無罪を勝ち取るダークヒーローの弁護士
長谷川博己さんが演じるということで、内容がとっても気になります。

しかし、放送開始までは物語のあらすじ、主人公の人物像など詳しい情報は非公表で
2023年7月期に大ヒットした「VIVANT」と同様の戦略のようですね。

こちらの記事では日曜劇場「アンチヒーロー」について、
原作はあるのか、ドラマのあらすじや脚本家について調べてまとめました。

この記事で分かること
  • 日曜劇場アンチヒーロー原作はある?
  • 日曜劇場アンチヒーローのあらすじは?
  • 日曜劇場アンチヒーローの脚本家は誰?
目次

日曜劇場アンチヒーローは原作がある?

日曜劇場アンチヒーローは、
原作が無く完全オリジナルストーリーとなっています。

ドラマ「アンチヒーロー」に原作はありません。
今回は日本の司法組織が舞台となる完全オリジナルストーリーです。

日曜劇場「VIVANT」も完全オリジナルストーリーだったのですが、
その「VIVANT」と一緒の制作陣が担当するようです。

プロデューサーの飯田和孝さんはVIVANT以外にも半沢直樹など
数々のヒットドラマの数々を手掛けております。

プロデューサー作品
  • GM〜踊れドクター(2010年)
  • 半沢直樹(2013年)
  • 夜のせんせい(2014年)
  • 天皇の料理番(2015年、Co.プロデュース)
  • わたしを離さないで(2016年)
  • せいせいするほど、愛してる(2016年)
  • 小さな巨人(2017年)
  • 陸王(2017年)
  • 義母と娘のブルース(2018年)
  • 集団左遷!!(2019年)
  • ドラゴン桜2(2021年)
  • マイファミリー(2022年)
  • VIVANT(2023年)
  • アンチヒーロー(2024年、TBS)

見ていたドラマばかりで、アンチヒーローもとても楽しみです。
早く4月になってほしいですね。

▽上記作品をHuluで見る▽

※配信していないものもあります。

日曜劇場アンチヒーローのあらすじは?

日曜劇場アンチヒーローは、
犯人である証拠が100%そろっていても無罪を勝ち取るダークヒーローの弁護士が主演の物語です。

ぱっと見キャッチコピーだけだと、悪い弁護士の話なのかな?と思ってしまいますよね。

しかし、元警察官の弁護士が躍動するオリジナルストーリーということですので、
長谷川博己さん演じる弁護士は元警察官で、何かの事件をきっかけに犯人を弁護する側になったことが想像できますね。

”正しいことが正義なのか、間違ったことが悪なのか”

犯人が必ずしも全て悪という訳ではないという、今までにない視点のストーリー展開になりそうです。

主演は長谷川博己さん。
その他のキャストは2月3日時点では発表されていません。

しかし、北村匠海さん、堀田真由さん、野村萬斎さんなど豪華キャストの出演が決まっていると噂があります。

放送が近づくにつれて出演キャストも判明していくと思いますので、それも楽しみの一つですね。
ドラマの公式Xをフォローしておくと情報がいち早く知れるので便利ですよ(^^)

既に1月中旬から撮影が開始されているということで、放送がとっても楽しみです!

また、飯田和孝プロデューサーのXでは、
撮影の様子なども見れるかもしれませんのでこちらも要チェックです。

日曜劇場アンチヒーローの脚本家は誰?

 ドラマ「アンチヒーロー」の脚本家は、下記の4名です↓

山本奈奈さん
李正美さん
宮本勇人さん
福田哲平さん

李正美、宮本勇人、山本奈奈さんは「VIVANT」の脚本も手掛けており、
そこに「新空港占拠」の脚本を手掛けている福田哲平さんが加わった形となります。

どなたも信頼と実績のある脚本家の方なので、
アンチヒーローがどんな物語になるのかとても楽しみですね。

▽新空港占拠をHuluで見る▽

まとめ

こちらの記事では日曜劇場「アンチヒーロー」について、
原作はあるのか、ドラマのあらすじや脚本家について調べてまとめました。

目次