チェリーバレット(チェリバレ)解散理由はなぜ?不仲説やいじめの真相についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

4月22日(月)に、Cherry Bullet(チェリバレ)が解散を発表しました。

約1年間カムバックをしていなかったり、コミュニティの閉鎖が告知されていたり、解散を予想していた人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、発表当日に解散となりSNSでも大変話題となっています。

なんで解散することになったんだろう?

こちらの記事では、

  • チェリバレ解散理由は?
  • チェリバレ不仲説やいじめは本当?
  • チェリバレ解散についてSNSの声

について調べてまとめました。

※あくまでも個人的な意見になりますので、参考程度にお読みくださいね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

チェリーバレット(チェリバレ)解散理由はなぜ?

4月22日にチェリーバレットが解散を発表しましたが、解散理由については明かされていません。

さらに、解散と同時にヘユン、ジウォン、レミ、メイは事務所との契約を終了するとのことで、驚きの発表となりましたね。

事務所からの発表文

これまでCherry Bulletを大切にしてくださったファンの皆さんに突然のニュースを伝えることになり、心から申し訳ないとお伝えします。 メンバーたちに今まで送ってくださった愛と応援は、胸の奥にしまっておきます。これからCherry Bulletではなく、新しい道を歩むことになるメンバーたちの歩みも見守っていただき、新しいスタートを控えたメンバーたちに暖かい応援をお願いします。

チェリバレの解散には、SNSでは「何があったの?」と心配の声が相次いでおり、ファンの間でもモヤモヤが残っている状況です。

SNSでのコメントから解散理由を考察すると、

「事務所のプッシュが足りなかった」とマネジメントの仕方を指摘する声が多く見受けられました。

Cherry Bullet (チェリーバレット)は2019年にデビュー後、2019年末にミレ、ココロ、リンリンの3名が脱退。

2021年に「Girls Planet 999」、「QUEENDOM PUZZLE」のサバイバルオーディション番組にメンバーが参加。

サバイバルオーディション番組に参加したのは、個々に知名度を上げ、グループの新規ファンを獲得する目的だったと思われます。

しかし、ガルプラ効果で注目度が上がったにも関わらず、カムバックせずに目立った活動をしていなかったことから事務所に放置されていたと受け取るファンも多くいるようでした。

そのことから、売れるはずのタイミングを逃してしまったことが解散に繋がった要因の一つでは?と考えられているようです。

※「鯖番」とは・・・
サバイバルオーディション番組のこと。

※「カムバック」とは・・・
新曲を出し音楽番組などで活動を開始すること。

チェリーバレット(チェリバレ)不仲説やいじめがあったのは本当?

Cherry Bullet (チェリーバレット)と検索すると、「不仲」「いじめ」というワードが出てきますよね。

いじめがあったの?と気になる方もいるかと思います。

結論から言うと、

チェリーバレットに不仲説やいじめについての事実はありません。

デビューしてから1年足らずで3人のメンバーが脱退したことと、同じ事務所のAOAにいじめ問題があったことから、憶測でいじめや不仲説が出てしまったようです。

しかし、事務所の発表ではメンバー3人の脱退理由については明かされていないため、真相は不明です。

ただ、元メンバーであるココロがチェリバレ脱退後に参加したオーディション番組で、

  • 健康上の理由
  • 色んなことが重なった

そのため、「夢を諦めなければいけない状況」だったと、脱退理由について語っています。

また、他の脱退したメンバーについても、学業優先するため、VISAの関係など色んな噂がありますので、それぞれ事情があったことが汲み取れます。

正式な発表があった訳ではないので真相は不明ですが、いじめや不仲で解散になった訳ではないと考えられます。

チェリーバレット(チェリバレ)解散でSNSの声は?

Cherry Bullet (チェリーバレット)の解散について、SNSでの声をまとめました↓

カムバをすることもなく、解散発表した当日に解散ということでSNSでは、驚きの声が多く見受けられました。

解散はとっても残念ですが、今後のメンバーの個々の活躍を応援していきたいですね。

まとめ

こちらの記事では、

  • チェリバレ解散理由は?
  • チェリバレ不仲説やいじめは本当?
  • チェリバレ解散についてSNSの声

について調べてまとめました。

目次